2017年1月24日に「とやま次世代自動車・エネルギーインフラ研究会 平成28年度 第2回セミナー ~燃料電池自動車普及と水素社会実現に向けて~」を開催いたします

「とやま次世代自動車・エネルギーインフラ研究会」では、最新の技術や市場動向に関する情報の提供及び、次世代自動車や水素エネルギーに関連する新商品・新技術の開発を支援します。

今回のセミナーは「富山水素エネルギー導入促進協議会」と協力し、九州大学大学院工学研究院及び株式会社東芝から講師をお招きし、水素燃料電池自動車に関連した水素輸送貯蔵及び、再生可能エネルギー水素がもたらすエネルギーの有効活用と水素社会実現に向けた、最新技術情報についてご講演を頂きます。

【開催概要】
開催日時

平成29年1月24日(火) 14:00~17:00 (受付13:30~)

会場

富山県民会館 3階 302 号室

富山県富山市新総曲輪4-18

TEL 076-432-3111

定員

50名

受講料

無料

申込締切

平成29年1月20日(金)

【講演】
講演1

『燃料電池自動車普及と水素社会実現を目指した安全かつ効率的な水素輸送と貯蔵』

【講 師】九州大学大学院工学研究院 水素貯蔵システム研究室

教授 秋葉 悦男 氏

水素貯蔵材料はその内部や表面に水素を大量かつ速やかに収蔵する材料ですが、実際に利用するためにはまだ課題が残っており、その課題を解決することを目的として基礎研究をされています。また水素貯蔵材料の応用技術、特に燃料電池自動車への水素搭載法についての研究も進めておられます。

講演2

『東芝の水素社会実現に向けた取り組み~再エネ水素による地域内エネルギーの有効活用~』

【講 師】株式会社東芝 次世代エネルギー事業開発プロジェクトチーム

主務 森 淳一 氏

再生可能エネルギー水素がもたらす新しいソリューションとして、エネルギーセキュリティの向上、再生エネルギー導 入の促進、強靭なエネルギーライフラインの構築等があります。水素でつくる持続的で安心安全快適な社会を目指した取り組みをされています。

img 平成28年度 第2回セミナー 参加申込書
ダウンロード